第65期王将戦第6局は郷田王将が勝ち王将位を防衛

郷田真隆王将に羽生善治名人が挑戦する、第65期王将戦第6局は2016年3月18・19の両日、郷田王将3勝・羽生名人2勝で迎えて行われ、102手で郷田王将が勝利。通算4勝2敗として郷田王将が初防衛を果たしました。

先手の羽生名人が矢倉の早囲い気味から天野矢倉に構え、郷田王将はどうどうと矢倉の堅陣に入った戦型。羽生名人は交換した角と銀を手放して桂馬を得する流れになりました。

その後軽く攻めを呼び込む形を取った郷田王将は手持ちの銀を使って羽生名人の飛車を取り、薄くなった羽生玉に横からの飛車でプレッシャーをかける形に。中盤の銀交換の際に出来た羽生玉頭への垂れ歩が「駒を渡せば詰ます」という急所の駒となり、羽生名人は思いきった攻めを仕切れない状態になりました。

羽生名人は底歩で自玉を支えるものの、終盤に2枚の角を持ち駒にした郷田王将が100手目に95角、102手目に83角と立て続けに使ったのがド急所。最後の83角は詰めろ狙い+飛車取りとなり、羽生名人が攻防ともに見込みなしということで投了となりました。

郷田王将は初めての棋戦防衛。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【第74期A級リーグ】佐藤天が初めての黒星
第42期女流名人戦第4局は清水女流六段が勝って決着を最終戦に持ち込む
「麻雀ウォッチ」に森内九段と麻雀・土田浩翔プロの対談が連載。「思考」「運」を極めよう
第41期棋王戦第2局は佐藤天彦八段が勝ちタイに
3月のライオンに出てくるあのお菓子が雑誌「エンタミクス」バレンタインレシピ特集で再現
大学生の約46%が将棋のルールを知っていることが明らかに
第65期王将戦第2局は羽生名人が勝ち1-1のタイに
棋王戦第1局は渡辺明棋王が佐藤天彦八段を下して先勝
加藤一二三九段・阿部健治郎六段・竹俣紅女流1級がそれぞれテレビに出演
ネスレのYouTube CMに加藤一二三・橋本崇載・佐藤紳哉先生が出演
大井競馬の年末の祭典・東京大賞典に渡辺明竜王が登場
第74期将棋名人戦七番勝負 第1局は羽生名人が勝利
第9回朝日杯将棋オープン戦は羽生善治名人が3年連続5回目の優勝
第65回NHK杯将棋トーナメントは村山慈明七段が優勝
第1期電王戦はPONANZAが2連勝で決着。第2期棋士側予選に羽生4冠登場!

Menu

HOME

TOP