第65期王将戦第4局は郷田王将が勝ち2-2のタイに

郷田真隆王将に羽生善治名人が挑戦する第65期王将戦七番勝負第4局は2016年2月16日・17日に弘前市民会館(青森県弘前市)で行われ、98手で後手の郷田王将が勝ちました。通算成績は2勝2敗のタイとなり、残り3番の仕切り直しとなりました。

角交換から相腰掛け銀となった本局はお互いに端歩も突き合い、スタンダードな展開に。Twitter解説の神崎健二七段が「定跡中の定跡」と評するほど前例の多い展開となりました。

羽生名人が先に仕掛け郷田王将が受けて立つ展開となりましたが、羽生名人の猛攻に対し持ち駒を使わずに受けた32玉が面白い手。以降郷田王将は羽生名人の持ち駒の金を自身の銀と交換をすることで受けの選択肢を狭め、絶妙のタイミングで、飛車を捨て銀を取る猛攻を見せます。

最後は駒を渡したら自玉に詰みが発生するという状況で郷田王将が羽生名人の玉をきっちり即詰みに討ち取りました。

これで2勝2敗のタイになった二人。残り3局で2勝した方が王将位に就くことができます。王将位に王手をかけるのはどちらか、注目の第5局は2016年3月13・14日、都ホテルニューアルカイック(兵庫県尼崎市)で行われます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

加藤一二三九段・阿部健治郎六段・竹俣紅女流1級がそれぞれテレビに出演
棋王戦第1局は渡辺明棋王が佐藤天彦八段を下して先勝
早世の天才棋士・村山聖に松ケンが挑む!「聖の青春」映画化決定
第65期王将戦第3局は羽生名人が勝ち2-1でリード
野月浩貴七段監修・将棋とサッカーのコラボ漫画「ナリキン!」のKindle版が現在無料!
noimage
第9回朝日杯将棋オープン戦は羽生善治名人が3年連続5回目の優勝
及川拓馬六段・上田初美女流三段夫妻のお子さんが誕生
将棋漫画「3月のライオン」が今秋NHK総合でアニメ化、公式HPも
第1期電王戦はPONANZAが2連勝で決着。第2期棋士側予選に羽生4冠登場!
「麻雀ウォッチ」に森内九段と麻雀・土田浩翔プロの対談が連載。「思考」「運」を極めよう
第65回NHK杯将棋トーナメントは村山慈明七段が優勝
大学生の約46%が将棋のルールを知っていることが明らかに
将棋ウォーズでクリスマス特別祭。振り駒券や「雪子アバター」が勝ち数報酬に。
第65期王将戦第6局は郷田王将が勝ち王将位を防衛

Menu

HOME

TOP