第65期王将戦第1局は郷田王将が勝利

郷田真隆王将に羽生善治名人が挑戦する第65期王将戦七番勝負第1局は2016年1月10日・11日の両日にかけて静岡県掛川市の掛川城・二の丸茶室で行われ、87手で先手の郷田王将が勝ちました。防衛に向けて好発進です。第2局は1月24日・25日に島根県安来市・さぎの湯荘で行われます。

郷田王将は羽生名人の角頭の弱点をとがめる意表の玉側の飛車を見せ、飛車の取り合いから局面を優勢に導きました。羽生名人は劣勢の中、相手の「と金」の効きに桂馬を打つなど粘りを見せますが最終手の6六馬が手厚く、有効な攻撃が見込めなくなった羽生名人が早めの投了。郷田王将は有利な局面から着実にリードを広げ、危なげない勝利となりました。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【第74期A級リーグ】佐藤天が初めての黒星
第1期電王戦はPONANZAが2連勝で決着。第2期棋士側予選に羽生4冠登場!
第65期王将戦第4局は郷田王将が勝ち2-2のタイに
大学生の約46%が将棋のルールを知っていることが明らかに
佐藤紳哉七段、六段から昇段
棋王戦・挑戦者決定戦【変則】二番勝負は佐藤天彦八段の勝利
早世の天才棋士・村山聖に松ケンが挑む!「聖の青春」映画化決定
大井競馬の年末の祭典・東京大賞典に渡辺明竜王が登場
第5期女流王座戦は加藤桃子女流王座がフルセット以上の闘いで防衛
将棋漫画「3月のライオン」が今秋NHK総合でアニメ化、公式HPも
囲碁・将棋チャンネル、ネットサービスの「将棋プレミアム」で王将戦を独占生中継
第41期棋王戦第2局は佐藤天彦八段が勝ちタイに
noimage
第9回朝日杯将棋オープン戦は羽生善治名人が3年連続5回目の優勝
「麻雀ウォッチ」に森内九段と麻雀・土田浩翔プロの対談が連載。「思考」「運」を極めよう

Menu

HOME

TOP