プロ棋士の公式戦は日曜日にも組み込めばいいのに。

世の中いろいろな「プロ」がいるものだけれど、特にファンのある「プロ」界隈は日曜日に公式戦のようなものがある場合が多いと思うのね。何で将棋は日曜日に公式戦を減らしちゃうんですかね?

プロスポーツは日曜日こそ公式戦を行う

プロ野球やJリーグを見れば土日に試合をしているのが一番多いのはわかるし、中央競馬も土日開催。相撲は15日の興行を、日曜日に始まって日曜日に終わるようにしているため、かならず「3回の日曜日」が入る日程になっている。
僕(今44歳)が中学生くらいのときは、プロ野球の日本シリーズって平日日中とかに普通にやってた気がする。それがいつのころからかリアルに観戦してくれる人が増えるように、平日は夜に、土日祝日は昼もOKとして日程を組むようになった。

結局、日曜日に「公式戦」を行うことは、ファンに対してそのジャンルの真剣勝負をしっかり見せることができる最も良い機会の一つだということが言えると思うのよね。それによりファンがリアルに真剣勝負を観戦することが出来るわけじゃないすか。

イベントもたくさんあるけれど

将棋の場合、土日にいろいろな地方でイベントがあり、プロ棋士がゲストとして登場していると思います。それはもちろん大切。で、指導対局とかしてくれるのもとてもうれしいです。それはそれで頑張ってくれるつつも、ファンが楽しめる公式戦を何か組んでくれたらいいと思うんですよ。出来れば、対局室がある程度オープンなもの。JT杯日本シリーズ的な開催でもいいかも。

そういう日曜日の対局を増やして、親子なんかが一緒に公式戦を観戦して楽しめれば、もっと将棋が好きになる人が増えるかもしれないじゃないですか。

リアルで見られなかったとしても、日曜日の対局数が増えれば「ネット視聴者数」も増える可能性が増えるわけ。

対局速報アプリの日曜日こそ充実してほしい

今は
写真 2015-12-20 9 01 53

こんな風に、日本将棋連盟のライブ中継アプリの日曜日は寂しいことになってしまっているんだけれど、ファンの人が休日であればあるほど、プロっていうものは働き時なんじゃないかなと思うわけです。それがファンを持つ業界のやることなんじゃないかなと思うわけです。

これが連盟の人に届いたら、ぜひぜひご検討してくださったらうれしいなと思います!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP